読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評。『「納品」をなくせばうまくいく』を読んで身を引き締める

「自分たちの持つ技術で、お客様に価値を提供し続ける」

このお題目を達成するのは様々な理由で実に難しく、それはSEになって20年の私も大いに実感するところです。それを「納品のない受託開発」という形で成し遂げようとしているソニックガーデンの倉貫さんが、ご自身のビジョン・戦略・ビジネスモデル・事例・現在のIT業界の課題までひっくるめ、読みやすくまとめてくれた本が、『「納品」をなくせばうまくいく』です。

 

「納品」をなくせばうまくいく ソフトウェア業界の“常識

「納品」をなくせばうまくいく ソフトウェア業界の“常識"を変えるビジネスモデル

 

 

私はここ一年新しい受託開発モデルの構築をミッションとしており、その過程で「納品のない受託開発」も研究させていただいております(おかげで社内の誰よりも「納品のない受託開発」について語ることができます)。

研究の結果たどり着いた結論は、「納品のない受託開発」というビジネスは、形だけ、一部分だけ真似ることはできないということ。恐らく「納品のない受託開発」の劣化コピーは、誰にとってもハッピーでないビジネスになります。

倉貫さんたちがすごいのは、大手と競合しないマーケットとビジネスモデル、質の高いエンジニアを集め育てることができるカルチャー、会社を小さく保ったままミームを拡散できるギルドというシステム、これらが精巧に組み合わさった合理的かつ、パッションにあふれるシステムを作り上げたことです。

劣化コピー禁止とはいえ、もちろん、参考になる考え方は盛りだくさんです。

まず、第5章2節の「納品のない受託開発を支える技術戦略」は、受託開発をはじめ開発能力をビジネスの源泉にする組織のマネージャに読んでいただきたいです。低コスト・短納期化する案件をこなすには、ここに書かれているような戦略的思考が必要です。

次に、第6章の「これまでの受託開発は別の業種」という一節は、受託開発ビジネスの経営者の方に響くと思います。戦略は、どうしても、お客様や事業ユニットとの関係、会社の中での位置づけ、全社経費ベースのコスト試算など、既存の何かの「積み上げ」を考慮せざるを得ないものですが、倉貫さんたちは、「アジャイル開発をビジネスに」というシンプルな理念を実現するために会社を作ってしまったようなものなのです。

それに至るまでの経緯詳細は、ぜひ本書を読んでいただきたいのですが、理念を持ち、それを実現するためには、何かを壊したり闘って勝ち取る必要があることを思い知らされます。

開発者の方は「エンジニアにとっての幸福な働き方は」の一節に共感を覚えるのではないでしょうか。「顧客とそのビジネスに寄り添う」ことに嬉しさを感じる方なら、このような職場で働きたいと考えるでしょう。

でも、本書にも書かれているのですが、そこは楽しくて充実はしてるけど、決して楽なわけではありません。常に最新の技術を追い求め、自律的でモラルを持った働き方と人生観が必要です。本物のエンジニアじゃないとついていけない世界かもしれない・・・。

 おっと、私にもすっかり「納品のない受託開発」のミームが浸透しているようです。本書から学んだことをしっかりと自分の中で咀嚼し、劣化コピーではなく、「自分たちの強みを生かした受託開発」を作り上げていきます。

 

テンプレートに従うばっかじゃ面白くないよ

息子の通う中学校に提出する「新中学3年生に向けた保護者からのメッセージ」アンケート回答です。クラス全員の「啓発録」を読んだ感想なんですが、「なんかみんな行儀良すぎるなぁ」と思ったので正直に書きました。いつか息子が見つけることを期待してWebに放ちます。

それぞれに自分の良い点・足りない点を見つめなおし、目標としてはっきりと宣言することができたのは素晴らしいですね。「目標を持つ」「努力する」「自分の考えを持つ」、どれも大切なことであり、これから君たちが大人になっていく中で意識する必要があることです。

ただ、1点だけ、少しだけ残念に思ったのは、みなさんの個性の発揮をもう少し見たかった。
「目標を3つ挙げる」などという型(テンプレートといいます)に従うのはうまく生きていくためには重要です。
でも、みなさんはまだ若く、個性はテンプレートから大いにあふれ出すくらいでちょうど良いのです。

みなさんの「本当にやりたいこと」もテンプレートからは見つかりません。自分の頭で考え・行動し・間違っていたら直す。そして友達とたくさん語り合うことで成長し、自分の夢を見つけたり育てられるようになってくださいね。私たち親は、時にはテンプレートを与え道を作ることもしますが、子供が自ら選んだ道を見れるのが本当は一番うれしいのです。

といいつつ、この文章自体がある意味テンプレートにはまってるよなぁ。


私のガラパゴス体験

今をさかのぼること十数年前。私は主に金融機関のお客様の仕事を行う部署におり、当時黎明期であったJavaやWebについて大いに関心を持ち始めていたころのことであります。

当時の標準的なブラウザといえばNetscape Communicator4.01とInternet Explorer3.02。いずれもJava VMを搭載し、誰しもAppletで画像やボタンをブラウザに張り付けて遊んでおりました。

あのころは「イントラネット」ビジネスが盛んで、それまでのVBによるクライアント・サーバーアプリを、Webアプリに置き換える案件が数多くあり、私もそのような案件に従事することになります。

今でこそHTML(と、CSSJavaScript)で、おおよそどのようなUI、UXも実現できますが、当時はJavaScriptなど画面にデコレーションを加えたり、サーバーにPostすることなく電卓を実現するくらいのものでした。

そのような状況で、当社はJava Applet活用した業務アプリ開発環境(「E-INTRA」といいました)を独自に開発することになります。売り文句は「通常のHTMLでは実現ができ ないリッチな業務画面が実現できますよ」です。AppletからFrameを起こし、そこにButtonをAddしたりして、VBっぽい画面遷移を実現するのであります。

とはいえ、このような売り文句は実は後からついてきたものであり、開発側としてはAppletで何かしてみたい!というモチベーションが強かったこ とは否定できません。一般向けに販売するものではありませんでしが、受託開発案件における生産性向上ツールとして、某メガバンク(当時はメガバンクという言葉はなかった気がしますが)における、「初の全47都道府県の支社に展開するイントラネットアプリ」を開発する機会にも恵まれ、エンジニアとしては燃える日々でした。

このE-INTRAについてもう少しだけ書かせてもらいますと、、

「開発者はJava言語を書かずにApplet+Frameによるアプリを開発可能。DBとも連携できるよ」というコンセプトであり、当初はユー ザー操作Eventの発火をビジュアルに接続するシンプルなものでした。ただ、時を得て実際の開発に投入されると「IfやWhileが欲しい」という要望 が出てくるにいたり、結局は「E言語」という言語が生まれ、しまいには「Java VM上で動作するインタープリタ言語」というごっついものになりました。

私はこのE言語の世界で一番の使い手であり、一番のユーザーとしてE-INTRAのプロダクトオーナー的な役割を担うことになりました。E- INTRAの開発チームに対し改善要求を投げ議論し、それをテストし実戦投入することを繰り返していたわけです。機能は洗練されつつどんどんふくらみ、しまいには「E言語からJavaのメソッドが呼べる」というよくわからないことに。

でも、当時はいいものを作った気分で高揚してたし、お客さんも喜んでくれました。(でも、今思えば、これってE-INTRAやAppletという技術に対してじゃなくて、私たちの実現したシステム全体のサービスレベルに対する評価なんですよね)

いまにして思えば、なんというガラパゴスです。イントラネットという比較的閉じたビジネス・技術領域で最適化を繰り返したため、特定のお客様の特定の環境(ブラウザやVM)にマッチする機能が生まれては消えました。当然ながら、E言語という完全に標準でないプログラミング言語に習熟した開発者を育ててもまったくつぶしは効きません。

と、冷静にふりかえればビジネスや技術の戦略的にはまったくの失敗でしょう。今は標準の技術に習熟した開発者を目指すべきだし、そのような開発者を育てて、彼らの力でビジネスし、逆に技術に恩返しできる組織でないとダメだと思う。

でもね、私は当時のことを今でもよい経験として思い出せるし、超ガラパゴスな言語や開発環境だったけど後悔はしてません。プロダクトオーナー的立場といいながら、技術的には開発環境や言語をどうやって作るか、というアーキテクチャ的な勉強にもなったし、実際のお客様の環境に適用するにあたっては、いろんなトラブルに出会うことで経験値詰めましたし。

そして何より、楽しかったなぁ。。

今回なんでこんなオチのない昔話をしたかといえば、長年弊社で一線のアークテクト・技術者として働き、私たち開発者から慕われたTさん(もちろん、 E-INTRAの生みの親)が先日定年退職されたからなのです。Tさん、お疲れ様でした。そして、育ててくださり、ありがとうございます。

組込みとアジャイルとか

永和システムマネジメントはアジャイル開発を得意としており、組込み業務に携わるエンジニアにもアジャイル経験者はいます。しかし、特に自動車業界における量産開発と呼ばれるフェーズでは、V字モデルのウォーターフォールが鉄板であり、これまでのところアジャイルの出る幕はありませんでした。

とはいえ、試作や先行と呼ばれるフェーズにおいては、プロトタイプ開発において繰り返し型の開発手法がとられることもあります。テストの自動化などのプラクティスも盛んに採用されていますし、現場には「もっと楽して良いものを作れるプロセスを」と旺盛な改善意欲を持っているエンジニアの方もおられます。徐々にじわじわとアジャイルな手法も求められていくでしょう。なので、今後ますます私たちの価値が問われるだろうし、それはチャンスだと思ってます。

ちなみに、昨年一番アジャイル系の手法で印象に残ったのは、スクウェア・エニックスのプロジェクトマネジメント手法です。「最初に計画と戦略を立てる・繰り返し型で開発する・リリースタイミングは少ない」、と外観はまさに、Water-Scrum-Fallなのですが、(おそらく)売り切り型のゲーム開発プロジェクトの制御という問題領域での試行錯誤の末生まれた実践知であり、ドメインは違えど、組込みも含めたある程度の規模のシステム開発プロジェクトにも参考になるでしょう。(ソーシャルゲームを開発・運用して利益を上げるための手法はまた違う、はず)

ただ、事例はあくまで事例なので、「これ良さそうだからやってみたら」と、メンバーにそのままやらすようなことはしません。新しい手法を根付かせるには、「流行っているからやってみよう」というトップダウンでは足りず、現場が抱える固有の問題に対する解への切望、ぐらいの熱をはらんだボトムアップが必要であり、そのようなモチベーションを持ったチームを育てていくのが私のでっかい課題です。

 

近況報告と2012年に向けて

皆様、あけましておめでとうございます。

ブログを書くのは随分と久しぶりです。昨年は震災の少し前に書いたエントリ以降、更新が止まってしまっています。理由は3つ。

  1. 震災やその他理由による気分的なもの
  2. Facebookに慣れて長い文章が書けなくなった
  3. 仕事環境が変化しパブリックに発信できることが少なくなってきた

特に3つ目の理由が大きく、その結果、「岡島は今何してるんだろう?」って思われている方も多いかもしれません。そこで本日は、近況報告を兼ね、私が現在仕事で取り組んでいることを、2012年の抱負と併せ書かせていただきます。

今私たちが取り組んでいる業務の内容を一言で言えば、「組込み業界向け受託開発および製品ソリューションビジネス」であり、今年度より、特に自動車「業界」向けソフトウェアに特化しています。ことさらに、「業界」とカッコで括ったのは、自動車に組み込まれるソフト(ET系)だけでなく、自動車関連のソフトを開発しているエンジニア向けのツール(IT系)も対象となっているからです。

製品を中心としたソリューションビジネスにも取り組んでいますが、現時点での収益構造は人月商売(比較的長いスパンでの小規模な開発・コンサル業務がメイン)依存です。昨今SIerの人月商売について様々な意見・論が出てきていますが、私としては、コストパフォーマンスが出ないと契約が継続できない厳しい環境の中で、提案型で付加価値の高い開発やコンサルサービスを提供し続けているという自負心もあり、現時点での最適解として堂々と人月商売に取り組んでおります。

あと数年で、受託開発サービスでビジネスをゆるやかに伸長させつつ要員を育成し、さらに、そこで得た利益とノウハウから製品ソリューションに投資を行い、マイルドに人月商売の比率を下げ、環境の変化に強い組織を作るのが私のミッションです。(ということで、リーンスタートアップに注目しています)

技術的には、機能安全(ISO26262)やAUTOSARなど重厚長大なテーマを扱う必要が多く、個人ですべてカバーするには難しいと感じており、知見を持ったエンジニアチームの育成と、組込み領域における絶対的な経験値不足のカバーは、2012年も大きな課題となります。これらは簡単には解決できませんが、今取り組まないと先もありません。そのような課題意識の中で、組込み技術とモデリング・開発プロセスに対する経験をブーストできるETロボコンへのチャレンジは、今年も続けます。

私個人としては、昨年8月より事業部門の長を拝命して以降、事業の計画作りや日々の管理業務を、慣れないながらも周りのサポートを得ながら、よちよち歩きで進んでいる状態です。有限期間・特定目的で成果を出すプロジェクト・現場のリーダーと、複数年度・複数プロジェクトを意思決定にて束ねていく組織のリーダーとの違いを実感し、まだまだ成長が必要と感じる日々です。

ここ数年、自分の知識や経験が通用しないように思え自信が揺らいでしまったことも多々ありますし、同業や異業の友人・知人の転職や起業が相次ぐ中、私も40歳という区切りの年を迎え、自身のキャリアについて色々考えたこともあります。

しかし、事業を預かるという経験は得難いものでありチャンスです。このチャレンジで経験を積み成果を出し、人間としても成長を果たしたいという思いが強くなってきています。この気持ちを行動に変え、充実した2012年にすべく活動していきます。

ということで、本年もよろしくお願いします。